G-0MLLQQ80RL

髪の乾かし方と髪型

2021年08月17日 20:59
カテゴリ:髪型ご依頼

今日のお題は髪の乾かし方について


お風呂上りに髪を乾かすの時に
ついドライヤーをサボってしまいたくなるのですけど
ヘアケアにおいて髪をしっかり乾かすのは重要です。
そこで今日は髪の乾かす時間を短くする方法について書いてみます。


①まず、ボウズ系ショートやベリーショーなどの超短髪の場合には
髪が短いのもあってノードライヤーでも大丈夫なので
髪を乾かす時間をゼロに近づけることができます。
また、ツーブロックやフェードカットなど短い刈り上げ部分のある髪型も
ドライヤーをかける時間を短くできます。


次に、髪がある程度長い場合ですけど

②タオルで水分をしっかりとってから(ヘアドライタオルでの時短もおすすめです。)
乾かし方として頭を下に向けた状態でドライヤーを当てると早く乾きやすいです。
また、この頭を下に向けた状態でドライヤーを当てる方法の場合、
髪の立ち上がりをつけることができるので
髪が自然なふわっとした感じでボリュームも出るという副次的な効果もあります。


③また、軽い髪型にしてみると髪の毛が乾くのが早くなります。
ある程度髪の長い髪型でも、よく梳くことによって毛量が減るので
ドライヤーで乾かす時間が短くなります。
軽い髪型はドライヤーの時短という点でもおすすめです。


④髪の痛みをを可能な限り小さくするのもおすすめです。
健康なキューティクルは撥水性が高く水を弾いたりするなどの理由により
地毛(健康毛)は髪が早く乾きます。

痛んだ髪はキューティクルが痛み髪の中にまで水分が入ったりして乾くのが遅くなるので、
カラーやパーマする場合には、髪の痛みをを可能な限り少なくすることが
重要になってきます。


⑤それ以外だと
理美容師さんが実際にお店で使用している業務用ドライヤーを使うと
早く乾く場合が多いです。
業務用ドライヤーは髪を早く乾かすことを意識していて
大き目のワット数で大風量な製品も多いです。(それ以外の特徴としては長時間の使用でも疲れないように重量が軽い場合も多いです)
もし、希望があればうちのお店でも
実際にお店で使用しているドライヤーを販売したりもしてるので
お気軽にお店でお問合せください。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)